使いこなし方を伝授|世代間のギャップを埋めて社内情報共有ツールを駆使しよう|ITを知ろう
ロゴ

ITを知ろう

チャットアプリの使い方だけでなくスマホの特徴を踏まえて使いこなす

使いこなし方を伝授

スマホ

インターネット駆使しどこでも仕事ができる

スマホを世界に広めたきっかけになったスティーブ・ジョブスの構想は壮大で、もっとインターネットが身近になり、デジタルデバイスがスマートに使えるようになる社会の実現を目指していました。
その社会は今実現しつつあり、スマホで仕事ができる時代になっているのです。

スマホとパソコンの違い

スマホの良さは単に通話やインターネットが便利になって、調べ物やSNSでの交流がしやすくなったというだけに留まりません。
スマホがパソコンのようにOSを搭載してオフィスアプリケーションを使えるようになったためビジネスで活用できるようになり、ビジネスにおいてはパソコンよりも持ち運びがしやすく電源を入れる手間も省けることから、即時の反応ができるとしてパソコンよりも優位性を帯びるようになってきました。

チャットが見やすい

スマホはパソコンよりもデータの処理能力が落ち、ストレージも少ないため、クラウドに繋いでいないと少し不便な面もありますが、即時性という面ではパソコンに劣りません。
即時性といえばチャットへの反応がスマホではとても便利になります。外に出かけていて、電話を取れる状況でなくても、チャットアプリを搭載しているならすぐに連絡が取れるのです。

緊急時の連絡手段にもなる

スマホでのチャットアプリを企業が率先して導入することで、スタッフ間のコミュニケーションももっと円滑に進むでしょう。
例えば、個人的な連絡手段として一般的なSNSを使う企業もありますが、ビジネス用とプライベート用を分けたい人にとってはそれはあまり好ましくない状況です。気軽に会社の中で使えるビジネス用チャットアプリであれば、仕事用としてきっちり使い分けることもできます。
その体制を整えておけば、災害時の緊急連絡手段も取りやすくなるので便利です。

チャットアプリはどんな場面で活躍している?

no.1

社内でのリアルタイムコミュニケーション

円滑なコミュニケーションを実現するために企業では様々な努力が重ねられていますが、仕事の仕方がリアルタイムで分かるチャットアプリはとても便利です。新入社員が分からないことも気軽に先輩に聞けるようになったと評判です。

no.2

必要な文書のやり取り

以前はメールで文書やファイルをやり取りしていたという人でも、スマホでも使えるチャットアプリができてやり取りをチャットアプリに切り替えたという人が多いです。スマホでもストレージの量を気にせずに確認できるのが魅力です。

no.3

外出先からのビデオ会議

チャットアプリでは文字情報のやり取りだけでなく、ビデオ会議も行なえる機能があり、多くの人から活用されています。会社の外にいてもスマホで中継しながら話すことができ、取引先からも直接連絡ができるのが重宝されている理由です。

no.4

スケジュール管理

チャットアプリでは細やかなやり取りができるという特徴がありますので、タスクや進捗管理も容易にできるのが魅力だという声が多いです。企画書の細やかな提案もしやすいですし、今席にいるかどうかも確認できるのです。

no.5

組織の管理にも活用

管理側でもスマホで利用できるチャットアプリは活用されています。スマホでアクセスできるということから、セキュリティも万全にしているため、組織情報もそこで管理できるほどなのです。業務兼務のスタッフが多いほど便利だといえます。

小さな企業でも使える

IT技術を使ったコミュニケーションツールは、どうしても大きな企業が使うというイメージがあります。しかし、むしろ小さな企業で、一人の人がいろんな業務を兼用している中小企業の方が便利に使えるので注目してみましょう。